Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索
  • 事業案内
  • 企業情報
  • ニュースリリース
  • 採用情報
  • お問い合わせ

「ULTY(アルティ)」共同販売・開発契約を出光興産及び日本郵船と締結

2016年11月7日

当社は、出光興産(株)及び日本郵船(株)と、当社が特許を取得する石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY(アルティ)」の共同販売、ならびに出光興産が保有する石炭高効率燃焼技術を取り入れた「新型ULTY」の共同開発に合意しました。

発電所や工場で使用されるボイラは、様々な要因により運転状態が変化し、投入する燃料の一時的な過不足により、ボイラ制御が不安定となります。当社が開発したULTYは、ボイラ燃焼制御の最適化をはかり、安定したプラント運転で燃料消費の削減を実現するシステムです。

これまで当社は日本国内を中心にULTYを販売してきましたが、アジア諸国において石炭火力発電所の新設計画が相次ぐ状況を鑑み、海外を含めた石炭販売網や石炭高効率燃焼技術を有する出光興産と、日本郵船を加えた3社で共同販売を行い、世界的な省エネルギー推進へ貢献することに合意しました。また、3社はボイラの更なる効率運転に資するべく、現行システムに石炭高効率燃焼技術、IoT技術を導入した新型ULTYの共同開発を決定しました。

昨年11月、12月にCOP21がパリで開催され、世界の環境問題に対する意識は一段と高まっており、化石燃料使用に際してはより一層の効率化が求められています。3社は、時代の要請に応える省エネ技術商品であるULTYを国内外における石炭火力発電所に普及させ、CO2排出削減による地球温暖化防止と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

【ULTYの概要】
・ボイラ燃焼制御最適化システム(ボイラマスタと負荷要求量の2点から補正を算出するシステム)
・対象設備:ドラム型ボイラ、循環流動層ボイラ
・対象燃料:石炭専焼、石炭/バイオマス混焼、石炭/副生燃料混焼、重油/副生燃料混焼
・導入実績:主に国内向けに約50台(2016年11月7日時点)
・燃料削減率:約1.0%(2016年11月7日時点)

【調印式風景およびULTY外観】

左から順に
日本郵船 経営委員 土屋恵嗣
出光興産 執行役員石炭事業部長 萩原栄治
郵船商事 代表取締役社長 宝納英紀

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

お知らせ一覧に戻る

日本郵船グループの商社として、エネルギーとメカトロニクスの両軸を中心に多彩なサービスを展開していきます。